Ma Petite Pièce

ひきこもりが自宅サロンを開くまで

ゆるっとパリ暮らし。業者さんが来ない!?つづき

みなさま、ボンジュール🇫🇷

 

ご機嫌いかがでしょうか♡

 

フランスでは今日、6月2日からレストラン、カフェのテラス席のみ解禁となり、外を歩けばカラッとした気持ちの良い天気の素で食事をとるパリジャン、パリジェンヌたちで賑わっております。

食事を外で楽しむ人々

通りにこんなふうにテーブルが並ぶのは新鮮!

 

久しぶりにみるこの光景

 

人通りも増えて活気付いてます♪

人通りの増えたパリ

 

 

さてさて、さっきの続きです。

 

 

mapetitepiece.info

 

 

 

 

10時からの約束で、2つのメンテナンスがあって職場にひとりやってきた。という話の続き。

 

 

 

二つ目が来ないわー。

 

ただ、ひたすら待つのみ、とはいったものの

 

 

待ち続け2時間・・・

 

や、さすがに待ちすぎでしょww

と自分につこみ入れて、もう一度営業さんに電話。

 

 

今度は出てくれたので、

もう一つが来ないことを話すと、

 

 

営業さん:『それはうちの担当じゃないよ。』

っていって、電話番号を教えてくれた。

 

 

 

そう!

この瞬間につながったのだ!

 私、アホだ!

 

事前の電話の日程調整で、他の番号を教えてくれた訳を。

 

その会社自体に2種類のメンテナンスをお願いしていて、私が勝手に頭の中でごちゃ混ぜにしてただけだった。

 

営業さんは、

最初から電話で、部署が違うよっ。

今回は一つのメンテナンスだけだよって教えてくれていたのに私がその部分を聞き取れてなかった。んで、無駄に2時間待った。

 

 

業者さん担当が違うっていってたじゃん。

気づけ、自分!とその時の自分に言いいたい。

 

 

とほほ。 

 でもいい経験だったな。

 

そんなわけで、任務を終えて自宅に戻ったのでした。