Ma Petite Pièce

30代はたらく独身女のパリ暮らし日記

外国ではフルーツの目利きが必要です。

みなさま、ご機嫌いかがでしょう。

 

 

パリ中心地に引っ越してきて早1年。

 

いつもお買い物するスーパーといえば、徒歩30秒の

 

Franprix(フランプリ)

Monoprix(モノプリ)

 

で食材を買っています。

 

近くて便利で、特にモノプリは他のスーパーよりも品質管理が行き届いている気がするんですが、他のスーパーに比べダントツ価格が微妙に高い!(今まで行ったスーパーと比べた個人的な意見です。)

 

よく見ずに買った自分も悪いのですが、昔住んでた11区のとあるFranprixで、ミニトマトを買ったら、底に近い方のトマトが全部白カビだらけだったことがあり、交換してもらいました。

 

フランプリのレジのおばちゃんが、

『オーララ!腐ってるねぇ!』とびっくりしながらテンション高めに交換処理してくれたのすごい覚えてます。笑

 

今、頻繁に行くモノプリでさえも、いちご購入時に、自分の目利きが甘く鮮度があるいちごを見分けられない(笑)ので、買ったいちごが次の日にはでろでろになっていることもしばしば。

 

f:id:mapetitepiece:20200604052144j:image

 MONOPRIXでいちごは500gで2.98€、3.98€、4,98€の3種類あって(4,98€は1kgだったかな...?)

私は2.98€、3.98€あたりを買います。

 

お高めのいちごは試したことはないけれど、日本のイチゴ狩りで食べるいちごのように味はしません!笑

日本のいちごに比べると、味が薄くて甘さもそんなに。

ですが、ヨーグルトに入れて蜂蜜かけたり、写真のように練乳かけて食べたらだいたい美味しいです◎

 

 

外国で果物や野菜を買う際には、目利き力が必要ですな。

 

 

でも、わからないんですよね!

よく見て買ってるんですけど。