Ma Petite Pièce

30代はたらく独身女のパリ暮らし日記

フランスサイトにあるReconditionnéとl'occasionってなに?!

みなさんこんにちは。

 

https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn%3AANd9GcTKkg2dhm5CVHbGa8HDYglFn546v9FrM9QPPQxVYMNRvoepBk3U&usqp=CAU

実は4年愛用していたiphone6が壊れました。

 

原因は、防水ではないのに、防水だと思って携帯電話を水洗いしてたら壊れましたw!

 

そりゃ壊れるwww

 

くぅぅぅぅっ。

しかも壊れた時、フランスでは外出禁止令が出て、お店が閉まってる時期。

 

こりゃしんどい。

 

だがしかし、仕事の連絡で携帯電話を使うので、通販サイトのAmazonで探してたのですよ。

そしたら、価格がお買い得な携帯発見!

その横には、Reconditionnéという言葉。

 

『むむむ!』

 

数年前調べた時には、Occasionっていういわゆる中古品として販売されてたけど。辞書で調べると何やら"再調整"という意味らしい。

 

 

再調整されたスマホ?

 

なんじゃそりゃ。

 

それってちゃんと機能するの?

 

フランスで不良品に出会ってしまったら、返品するのにめんどくさいけど、大丈夫なの?

 

 

私がスマホ購入の際気になったのはバッテリーの劣化が気になります。

 

再調整されて、一応は使える状態かもしれないけど、バッテリーが古いまんまだと意味ないしなあ。なんて。

 

暇だったので、Reconditionnéとl'occasionの違いを調べました。

 

 

Reconditionnéは最近出てきたネット通販で使われる言葉

中古品販売といえば、LeBonCoinのサイトが有名。

フランスには古くから存在する中古市場であり、古いものを大切にする、壊れたら直してまた使うという素晴らしい文化があります。ですがスマホや電気機器などは素人には修理することは難しいですよね。そこでReconditionnéという言葉が生まれたのですかね。

 

 

 

 

具体的に2つの違いについてまとめました♡

 

Reconditionné/再調整
機能面では問題なし。場合によっては傷があることも?!
 
 
 一般に信じられていることとは逆に、すでに使用されている製品の改修を意味するわけではありません。製品の再調整は、製品の良好な状態の復元、修理され再販に向けての準備がされているということ。
たとえばスマートフォンの場合、再梱包には、製品の診断、クリーニング、リセット、個人データの消去を専門家が行い、必要に応じて修理を行い、再梱包することが含まれます。したがって、製品は外部でわずかに損傷する可能性がありますが、多くの場合、新しいバッテリーに交換されている。
したがって、これらの製品は中古品と新製品の間に置かれ、優れた代替品という位置づけである。
 
 
 
利点
✴︎プロの仲介者を経由するため、購入者にとって安全な購入
✴︎保証を伴う(ことが多い。確認を。)
✴︎不愉快な驚きがない(多くの場合、製品の外側に単純な傷があります)
✴︎(出品者にとっては)個人の販売の最大の簡素化
 
欠点
✴︎再調整する専門家が商品の「改修」を担当するため、売り手にとっては
より安い価格になってしまう。
 
買い手にとっては欠点無しということですか!
 
 
 
Occasion/中古
運よければほぼ新品を低価格で。でも運が悪いと修理に出す手間もある。
 
 
Occasionとは、「開封されたばかりの製品」または破損した製品を意味する場合があり、定義では『使用済みの物』を意味する。したがって、(出品者は)中古販売により、修理をせずに、多かれ少なかれ不良な状態で中古製品を(多くの場合低コストで)再販することができる。

利点

✴︎仲介がないので速い
✴︎良い価格でゲットできる(市場をよく理解している場合)
✴︎誰でもアクセス可能
 
 
欠点


✴︎故障の可能性がある製品があるということ
✴︎(出品者にとって)販売に出す商品の写真を撮ったり適切な価格の設定、購入者とのやりとりなどの面倒なプロセスがある
✴︎保証なし
✴︎悪意と詐欺の高いリスク

 

 

 


以上がReconditionnéとl'occasionの違いです。



アホなあたくしは、

Reconditionnéについて大して調べずに勝手に決めつけたら余計にめんどくさいことになった。



私は、このReconditionnéとOccasionについて調べる前に
DARTYというフランスでチェーン店の電化製品の通販サイトで新品のiphone6Sを購入しました。

このReconditionnéの気になるところはバッテリーの劣化一点で、どうせ古いバッテリーのままなんでしょ、と決めつけ、DARTYという電化製品のチェーン店の通販サイトで新品iphoneを購入いたしましたが、もっと早くしっかり調べていれば、Reconditionnéでもよかったなあ、と。
 
 
 

ちなみにその別サイトで購入したiphone6Sは運悪く、初期設定中に画面がブラックアウトの状態になり
 THE END!
新品なのに即壊れる、しかもアップル製品で?
というのが信じられなすぎて、しばらくショックで固まりました...
 
返品手続きするか、捨てるか!(泣
 
 
たった230€の話だったので、捨てるか、返品手続きするか半月迷ったけど結局勇気出して返品手続きすることにしました。
 

返品手続きをして半月くらい4、5回やり取りをしてやっと昨日返送先伝票をE-mailにて受け取れたところです。

その手続き方法は手順が多いし、慣れないフランス語でやり取りしなければで
ドキドキの連続でしたが、DARTYのオペレーターの方は、カタコトで話す外国人にも優しかったのです♡
 
これが唯一の救い♡
 
オペレーターさんと連絡をとるという点ではストレスはなかったです。
 
 
 
2月の中旬から返品手続きのやり取りをして、5月にやっと返金されました。
 
長かった〜。

仕事で携帯電話がないと不便なので、結果的に保証のしっかりしているであろうAppleの通販サイトでiphone11を購入しました。
 

Reconditionné知ってたら、買ってたなあ。




それでは
Bonne journée!🇫🇷