セラピスト初心者

ついに、1月になりました。

12月中旬から始めた研修も終盤。1月に入ってからの研修は主に、時間内にきっちり終わらせること。

f:id:mapetitepiece:20210106233616j:image

今まで、マッサージ屋に通う立場から、施術する立場へ。

 

今まで日本で色々なマッサージ屋さんに行ったけれど、結構1時間コースでもうつ伏せのみで終わることがほどんどだったし、そんなに難しいと思わなかったけれど、

1月から働くこのマッサージ屋さんは、うつ伏せ、仰向けに施術箇所が半々に設定されていて満遍なく、バランスよく配分。

 

そのため、技術を覚える私としては、うつ伏せ状態のマッサージ、仰向け状態のマッサージで最初は混同して、とてもじゃないけれど1時間以内に終わらせるのは難しかった。

 

デビュー3日前にして、指圧コースは1時間で終わらせることができている状態なのだけど、オイルのコースは、デビュー2日前の今でさえ、全然終わらない。

先輩セラピストさんにも聞いて見たけれど、こればっかりはお客さんの好みで

『背中長めで』とか『頭長めで』とかがあるので、何とも答えられないと。

 

お客さん好みに施術箇所の時間を少し長くしたり、少し短くしたりするにはまず、各部分的なところ一つ一つに何分ずつかけるのかがまだわかっていなかったので、時間配分して見た。

 

 

 

SUR LE VENTRE【うつ伏せ】

伸ばし  5分

肩、背中、腕 5分

足 両足で10分

 

うつ伏せまでで、20分

 

SUR LE DOS【仰向け】

肩 2分

足 両足で10分

お腹、腕 6分

デコルテ 3分

頭 10分

 

頭までで51分。

 

後の10分弱の時間は、お着替えの時間だったり、マッサージ後にエステベットに座ってもらい、肩もみ、叩き、払いの仕上げ、再度お着替えの時間。

 

 

こうみると、結構一つ一つの部位にかける時間は短い。

だからこそ、骨や筋肉の位置、ツボなど的確にアプローチして行くことが満足していただくための第一歩なのだなって。

長い時間マッサージだけが良いわけでもないし、体の調子がかえってだるくなってしまったなんてこともあるのだから。

 

とにかく、やっと手順は止まらずにスムーズに体も動くようになってきたので、あとは施術時間と、細かな気遣いができる、自分の余裕を持っておこう。

 

 

研修は明日のみ。

明後日は、泣いても笑っても本番!

 

 

フランス語文法/表現
日本に関する仏単語まとめ
ワイン
Diary in PARIS