Youtube始めて3ヶ月半

 Bonjour!

こんにちは。

 

2月から彼と一緒に住み始めて、1ヶ月半が経ちました。

実は、今年はYoutubeに挑戦してみたいなと思っていて、2020年の12月12日に登録をしました。

 

今回のブログでは、12月から始めて3ヶ月半が経った、Youtubeのチャンネル登録の進捗について書いていこうと思っています。

 

f:id:mapetitepiece:20210516234041j:plain

 

Youtubeをやるからには、目指したいラインというのがあります。

そう、広告収入を得られるための条件です。


これが最初に立ちはだかる壁です。

 

1 チャンネル登録者数1000人

2 自分の動画の直近12ヶ月の再生時間が4000時間

 

 

です。

 

 

 

1000人って結構ひるみます。

無理なのでは?と思ったりするときもあるのですが、よく考えてみれば今1000人のチャンネル登録者を超えて活動している方達も、始めは【0】から始まったのです。

人によって達成までの時間や道のりは違うかもしれませんが、目標に向かって諦めなければ、ゴールに近づいているのですもんね。

それが、1年で達成しようと、10年で達成しようと、同じです。

むしろ、その過程でそれぞれに学ぶこともあるでしょうし。

 

というふうに、明るく考えてYoutubeは続けていかないと、すぐに嫌になって投稿をやめてしまいそうになるからです。笑

 

やっぱり、始めて数ヶ月は動画を出そうが反応がない。

反応がないのが一番しんどい。

 

 ですが最近、少しだけ兆しが見えてきました。

パリでチャンネル登録数がウン万人というYoutube動画を出しているチャンネルを見ている方たちが、このチャンネルも少しずつ見てくれているようなのです。

 

その方達にあやかって今の登録者は26人です。

 

 自分のチャンネルの分野に似ているチャンネルを見て勉強中です。

 

そしてありがたいことに、『Youtube初心者の為にしておいたほうがいいこと』関連のチャンネルを運営している方なんかもいらっしゃって、それを試したら伸びなかった動画が少しずつ伸び始めたり本当にしているので感謝です。

 

その中でも、印象に残っているのは

Youtubeはいかに検索ワードに引っかかるようなタグとかワードを選べるか

がポイントなんだそうです。

 

 

あとは、youtubeの動画をあげたことがある方なら誰でもご存知の

Youtube STUDIOにある、アナリティクス機能。

 

instagramだと、フォロワー100人以上になったら、自分のフォロワー特性の情報が見られたりしますが、Youtubeなら初めから高性能の分析機能が見られます。

 

そこで、チャンネル登録者がどの動画でチャンネル登録をクリックしたのかのデータも出るので、あとはその動画に似たようなものを量産していけばチャンネル登録者は増えて行きますよ。と動画内で話していたので、それを信じてわたしも今試行錯誤中です。

 

 

 

分析の意味も込めて、自分のYoutubeチャンネルではどの動画がウケているのか見てみることにしました。

 

画別チャンネル登録数

 

この動画でのチャンネル登録は2人

youtu.be

 

 

 

この動画でのチャンネル登録は6人

youtu.be

 

 

この動画でのチャンネル登録は1人

youtu.be

 

 

 

 

この動画でのチャンネル登録は4人

youtu.be

 

 

 

この動画でのチャンネル登録は1人

youtu.be

 

 

この動画でのチャンネル登録は1人

youtu.be

 

 あとの11人は友達にリンクを送ったからそこから登録してくれたのと、自分のアカウントですね。

 

チャンネル登録のあった、これらのような動画を作って見てまた実験します。

 

 

伸び続ける動画とほとんど伸びない動画

 を検証中です。 

伸び続けている動画はなんなのか分析しつつ。
 
 伸びない動画は、ダラダラ映像を流しているだけのものとか、
自分的にはこここだわって撮影したから見せたい部分だったとしても、視聴者からして見たら早送りしたくなるシーンなんかもあるかもしれません。
 
 
動画については全くの素人なので、もっと研究してちょっとずつ上達していけばいいかなと思っています。
youtubeに大事なのは、忍耐力ですしね。
 
何時間も撮影と編集にかけて作ったたった2、3分の動画が再生数も伸びず、しかも最後まで見られていない、なんてことしょっちゅうですからね(笑)
諦めずにコツコツ続けて行きます♡
 
フランス語文法/表現
日本に関する仏単語まとめ
ワイン
Diary in PARIS