Youtube始めて5ヶ月半のチャンネル登録者推移

Bonjour!

こんにちは。

 

f:id:mapetitepiece:20210525044608j:plain

2020年の12月12日にYoutubeを始めて5ヶ月半が経ちました。

今日ここにまとめた内容は、Youtubeを初めて5ヶ月ちょっとの間に、自分が調べたり実際に体感として感じたこと、経験したものです。

 

少しでも参考になったら嬉しいです♡

 

それでは本題に入ります。

 

前回のYoutube始めて3ヶ月半の時にはチヤンネル登録数26人でした。

 

mapetitepiece.info

 

 

 

チャンネル登録者数は約2ヶ月で+297人の理由を分析する

 

 

あれから約2ヶ月でどのくらいのチャンネル登録数かというと、今は323人です。

 

チャンネル登録者の推移はこのような感じです。

3月からチャンネル登録者数に動きが出ています。

 

1ヶ月の間に何個動画を出したのか、遡って見たものを図にして見ました。

 

f:id:mapetitepiece:20210525031059j:image

 

この10㎡というチャンネルを開設したのは12月12日、

そこから8本ほどあげて、翌年2月から彼と同棲を始めたタイミングで、2月は動画を3本、3月は11本、4月は12本、5月は24日現在で12本アップしました。

 

それまでは、動画をあげても、数十回程度でした。

ある日、1月にあげたある動画が約2ヶ月後の3月頭くらいから再生回数がじわじわと伸び続けて、4月の頭に再生回数1000回を超えました。

この動画がきっかけてこのチャンネルの存在を知ってもらえて登録者が1人、2人と少しずつ変化が出てきたと思います。

 

 

アップロードして2ヶ月後に『一瞬で終わる狭い部屋のルームツアー』動画が伸びた理由
 
このルームツアー動画がじわじわと伸び始めた頃、都内で若者向けの10平米未満の賃貸住宅が多く建設され、そこに住む若者の生活の様子が綴られた動画が何十万回再生されていたタイミングでした。
その動画を見た視聴者の方が流れてきて、再生回数が増えたという可能性と、Youtube側がその都内の若者向けの賃貸住宅の関連動画として表示してくれたおかげかなと思っています。
 
じわじわと伸び始めた、10㎡ルームツアー動画はこれです。
 
 
一瞬で終わる狭い部屋のルームツアー』をきっかけに他の数本の動画も1000回を超える
 
ぐんぐん伸びている動画とそうでない動画、何がどう違うのかはまだ検証中なのですが、
おそらくたまたま多くの人が検索しているワード、旬のワードというのがあるのでしょう。
逆に言えば、その検索数が多いキーワードをもとに動画を作れる知識や技量があれば伸びる、ということですね。
 
 
1000回を超えた動画は現在4本
 
この4本から大半のチャンネル登録数がありました。
 

youtu.be再生回数現在6,491回

 

 

youtu.be再生回数現在4,226

 

youtu.be 再生回数現在3,492回

 
 

youtu.be 再生回数現在2,677回

 

 

 

再生回数よりも大切な数値『視聴者維持率』『平均視聴時間』
 
再生回数は、視聴者にとっては『この動画を見るに値するのか、しないのか』の判断基準としてチャンネル登録者数や、再生回数を見たりすると思います。
 
チャンネル登録者の数については、動画作成者の方の設定で隠したい場合は隠すことができます。これは、登録者数の多い、少ないで動画が判断されて不利にならないようにという意味合いもあるのかもしれません。
 
そこで、視聴者が判断できるのは再生回数です。
 
 
が、再生回数が伸びるためには、いろんな人のアカウントに自分の動画が『おすすめ動画』として出るように配慮して行くことができれば、たくさんのアカウントに自分の動画をバンバンおすすめに出してもらえ、結果再生回数も伸びるのです。
 
じゃあ、おすすめとして出してもらうのに、Youtube側は何で判断しているのかというと、
この、『視聴者維持率』『平均視聴時間』です。
 
この視聴者維持率が高ければ高いほど、Youtube側で『この動画は有益だ』『多くの人の役にたつ』『面白い』と判断をされ自分の動画が広がっていきます。
 
 
なので、もしあなたが動画を作成して自分の動画を見るときには、途中で終わらせず最後まで再生させた方が良いのです(笑)
でないと、視聴者維持率が低くなってしまいますからね♡
 
 
以下の図は、今伸び続けている『アンティークな部屋』の動画の視聴者維持率です。
 
 
f:id:mapetitepiece:20210525035458j:image
 
47.4%しか見られていないのか...その他の動画に関してはそれ以下...30%とか...
 
がっくし...
 
と思っていたのですが、数字の指標として、30%〜40%台であれば、動画はよく見られている方なんだそうですよ。
 
 
 
こんなチャンネル登録者の増やし方も
 
広告収入が得られる基準は1000人ですね。
 
あなたがチャンネル登録をする際に、相手に知らせるかどうかは設定することができます。
これを【知らせる】にONにして、自分のチャンネルを知ってもらうという方法です。
そのときに、コメントなどで『私も〇〇について動画を作っています。よろしければ遊びに来て下さい』と、instagramで言えば【相互フォロー】のような感じです。
 
あとは、チャンネル登録者数、再生回数が多い自分と似たジャンルの動画に敢えて自分のコメントを残すと、その動画に入っているコメント蘭のアカウントから自分のチャンネルに視聴者が流れてくる可能性もありますね。
 
方法はいろいろあります。
 
Youtubeの広告収入を得る基準はどんな方法を取っても、難易度は平等なところに私は好感を持っています。
そして、このレースに参加してしまったならば動画を作り続ける忍耐力、先の見えないマラソンをしている感覚かもしれません。
 
 
その基準がもし、『チャンネル登録者数1000人』のみ、または、『直近12ヶ月の動画の総再生時間が4000時間』のみであったならば、
 
友達1000人いる人が有利
たまたまあげた動画がバズって1本の動画だけでそう再生数4000時間超えた
 
なんてことが起きうるのですが、友達や知り合い1000人に登録してもらっても、4000時間の再生時間のラインをクリアするために動画を作り続ける必要が出てくるし、
 
1本の動画がバズってチャンネル登録者も1000人になったところで、動画を作り続けなければ安定して収入は入らないとなりますね。
 
 
まとめ
 
最後まで読んでいただきありがとうございました。
 
ここにまとめた内容は、Youtubeを初めて5ヶ月ちょっとの間に、自分が調べたり実際に体感として感じたこと、経験したものをここにまとめて見たものです。
 
また続けて見てわかったことがあったらまたこういった感じで記事にまとめてみようと思っています。
 
それではみなさん!動画を楽しく!そして忍耐強く!続けていきましょうねっ!♡
ではではまた!
 
 
 
 
 
 
フランス語文法/表現
日本に関する仏単語まとめ
ワイン
Diary in PARIS