Ma Petite Pièce

30代はたらく独身女のパリ暮らし日記

Le 14 juillet消防士主催のダンスパーティー「BALS DES POMPIER」に潜入!

みなさま、こんにちは〜。

 

 

 

みなさま、フランスの国民的お祭り、キャトルズ・ジュイエをご存知でしょうか。

 

日本ではパリ祭と呼ばれています。

  

https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn%3AANd9GcSW6egOHKCcvi9lAbpzPVm3QHmhBspCqg0B-Wq0-L6H9uKgqU3o&usqp=CAU

 

 

 

午前中には大統領出席のもと、シャンゼリゼ通りからコンコルド広場までを軍事パレードが行進する、あのフランス革命にちなんだ国民祭です。

 

https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn%3AANd9GcR7qU2NENbyCHoA_txI-K9imJlbRbrG6a1C-pyTa4e3_7WwYhvy&usqp=CAU

夜には、BALS DES POMPIERS(バル・デ・ポンピエ)と呼ばれる、消防士たちが開催するダンスパーティーが毎年開かれます。

 

 

f:id:mapetitepiece:20200518083918j:image

2019年のバル デ ポンピエのサイト。

 

 

そのダンスパーティー、に、彼氏いない職場の同僚、女4人で去年行ってきました🎉🎉🎉

 

f:id:mapetitepiece:20200518201006j:image

 

ポンピエ(消防士)といえば、フランスではスーパーヒーローというイメージがついているくらい、女子にも子供にも大人気の職業。

 

フランスのとあるアニメでも、消防士が憧れの的のようなポジションにいる職業なのです。

 

 

ただ、ポンピエはモテるが故に?チャラいという評判もあります。

 

 

 

誰でも入場無料で入れます❤️❤️❤️

f:id:mapetitepiece:20200518084014j:image

中はこんな感じ。

大きなディスコテックみたい⚡️⚡️⚡️

f:id:mapetitepiece:20200518200950j:image

 

中ではイケメンポンピエたちが缶ビール、ジュースやグッズなんかを売っています。

f:id:mapetitepiece:20200518194019j:image

カメラを向けるとみんなポーズを取ってくれたり、快く一緒に写真を撮ってくれます。

 

この写真でおもしろいのは、

ちょーっと見にくいかもしれませんが、『entrée』という大きな黄色の看板の下のところに貼り紙がしてあります。

 

f:id:mapetitepiece:20200518194404j:image

 

『Bisou🙂=1 euro』

 

 

(‼️‼️‼️)

 

 

 初めてバル・デ・ポンピエにきて一番の衝撃でした!

 

彼氏なし女4人中3人は日本人でしたので、これには

『きゃあああああああああ❣️笑』

と大騒ぎ。笑

 

そのあとの私たちの会話です。

 

『買う?買う?Bisou買う?!』

 

いかがわしい会話のようです(笑)

 

 

 

みなさん、Bisou(ビズー)ご存知ですか?

 

Bisouとはキス💋

 

という意味です。

 

日本では、キス💋というと、

ひゃあ!ハレンチな!

というイメージですが、フランスでのイメージは、ポップでライトなのです。

 

たとえば、親戚のおばさんが、小さな子供に『ビスビズビズ〜💕』

チュチュチュ〜

ン〜かわいいわねぇ😍

みたいな時にも使われますし、

 

あるいは、大人同士、特に私みたいなアジア人とフランス人が別れ際に、文化が違うけどとビズするかな、しないかなという戸惑いのある時、フランス人は

『On fait le bisou?』

ビズーしましょう?(ビズーで別れの挨拶をしましょう。)

と言って挨拶するときにも使ったりする様な感覚です。

 

フランスでは、口でチュッと音を立てながら、相手の頬と頬をつけて挨拶をビズーと呼びます。

 

ビズーについてはまた詳しく別の機会にお話ししましょうね。

 

 

 

後は軽食が取れるフードコートみたいな所、

オシャレな大人のバーなんかが中にあります。

 

やー、日本でもいうでしょ?

スーツを着た男性は何割増しかでカッコよく見える現象。

 

ここ、バル デ ポンピエもそうなのです。

ポンピエの制服着たイケメン男達がビールを販売する

 

そして、海兵さん?や、警察官も来ていて、

制服フェチの人には堪らない空間だと思います。

 

 

 

行く目的は様々です。

 

出会いを求めて、

 

お祭り気分で飲み、食い、踊り狂うため、

 

イケメンポンピエたちとの写真撮影、

 

毎年の団員たちによるアクロバティックなショー、

 

ect...

 

 

f:id:mapetitepiece:20200518201040j:image

アクロバティックなショー。バク転、バク宙なんのその。

 

f:id:mapetitepiece:20200518201201j:image

夜もふけてきて、一層みんな盛り上がっております。

 

 

そして、朝の4時までダンスパーティーは開かれており、0時を過ぎると、照明は薄暗く、音楽が心地よく流れ、開放的なクラブの様になり、アルコールでいい感じに酔った人々は、思い思いに踊り、話します。この時間になると、ポンピエや警察官達もパーティーを楽しむのでした。